すだれのサイズの測り方・決め方について すだれ工房 簾(れん)

TOP > サイズの測り方
戻る

サイズを測る前に必ずお読みください!

簾の採寸方法はとっても簡単です。
必ず読んで、間違いない商品をご注文ください。

■必ずメモと鉛筆をご用意ください!(記憶は間違いの元です・・・)

■採寸方法で分からないことは、お気軽にご質問ください(*^_^*)

タイプA 窓枠の上にフックを付けて簾を掛ける場合

一番多い、取り付け方法がこの取り付け方で、窓枠の上にフックをつけ、そのフックに簾(スクリーン)をかける方法です。

この場合、窓を覆い隠すように少し大きめに作るのですが、幅は窓枠の外枠を測り、2cmプラス、丈は外枠に3cmプラスすると、ちょうどひと回り大きなスクリーンを製作することが出来ます。

丈が大きめに作ってありますが、フックの位置を多少変えることによって丁度、上下を隠すことが出来ます。

窓枠のサイズより幅(横)を2cm、丈(高さ)を3cmプラスする理由

注文いただく寸法は、実際は右の図の場所の寸法になります。

幅(横)は2cm大きく作ることで左右が、約1cmはみ出し、窓枠が隠れます。

丈(高さ)は、図のようにフックリングの頂点からのサイズになる為、3cm大きく作ることで、下が約1cmはみ出し、窓枠が隠れます。

タイプB 窓枠の内側や天井にビス止めする場合

窓枠の内側にスクリーンを取り付けたり、天井に取り付ける場合は、幅は窓枠の内側を測り、1cmマイナスします。マイナスすることで、左右が0.5cmあき、壁(窓枠)との接触を防ぎます。

丈は、下の写真のようにフックを折れ曲げてつくので、若干(約1cm~1.5cm)短くなりますので、窓枠の内寸+1cmした寸法をお伝えいただければ、程良いサイズになります。窓枠の内側を測った寸法+1cmした寸法をお伝えください。

タイプC 連続して横に並べて取り付ける場合

図のように、すだれ(スクリーン)を連続してつける場合は、間を2cm開けるようにします。1cmでもいいんじゃないの?といわれる方もいらっしゃるのですが、両方が動いて接触する可能性がありますので、2cm開けることをお勧めします(*^_^*)

連続してつける場合の採寸例

たとえば、窓枠の幅が300cmだったとします。150cm幅のすだれ(スクリーン)を購入すれば、内側が2cm開き、両脇が1cmずつはみ出すので、窓枠を完全に隠すことが出来ます。